2010年04月30日

迷作写真館 64

:
HY 4-29-4a.jpg
:
ゾウさんの一家。子供達がお父さんにおねだりしています。
「ねえねえ、お父さん。連休にデイズニーランドに連れてってよー」

:

posted by catoo-さん at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユユーとシャボン玉 19

:
HY 4-29-1a.jpg
:
ところがシャボン玉一号、プロペラは付いていますが、羽根が無りません。くるくる回りながら飛ぶものですから、シャボン玉の中で二人は、倒れたり、でんぐり返しになったりしました。
:
HY 4-29-2a.jpg
:
そうこうしているうちに、シャボン玉一号はパチンとはじけて壊れてしまいました。
:
HY 4-29-3a.jpg
:
そのまま、どんどん落ちてしまうかと思うと、シャボン玉の大臣のかけた魔法がまだ効いているらしく、いい具合に、二人の体はふわふわと宙に浮きました。

「マーちゃん、大丈夫かい。ぼくから離れないように!そうそう、王様から頂いた大事なお土産を無くさないようにしなくちゃあ、、、」

:
posted by catoo-さん at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

迷作写真館 63

:
HY 4-28-4a.jpg
:

ピングーのジャンボ切手。偽物じゃあないかって?これ、コレクター用の本物の切手。でも、こんなに大きくちゃあ封筒からはみ出して使い物にならない。
:

posted by catoo-さん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

ユユーとシャボン玉 18

:
CW 4-28-1a.jpg
:
ユユーとマーちゃんは、シャボン玉の国に別れを告げて、お家に帰ることになりました。

「そうそう。折角来てもらったんだから、お土産に我々の研究室が開発した新製品をさしあげよう。帰って、お友達と一緒に開けてごらん」と王様がいいました。

:
HY 4-28-2a.jpg
:
「なんだか、これ浦島太郎の玉手箱みたいだなあ、、、」とユユーが心配してすると、

「ハハハ、、、煙が出てお爺さんになったりしないから大丈夫。」と王様が笑いました。

「帰りは、シャボン玉一号でお家までおくろう。プログラムをセットしてあるから、お家の前で止るはずだよ」

:
HY 4-28-3a.jpg
:
ユユーとマーちゃんが乗り込むと、シャボン玉一号はブルンブルンと飛び始めました。

「じゃあ、気をつけてい帰りたまえ」

:
posted by catoo-さん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

迷作写真館 62

:
HY 4-26-4a.jpg
:
本物の小鳥の巣に、瀬戸物のスズメが「これはわたしにぴったり」と住み付いてしまいました。家賃がいらなくて、気に入った巣って、最近はなかなかみ見つかるものじゃあありません。このスズメさんはラッキーでした。
:

posted by catoo-さん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユユーーとシャボン玉 17

:
HY 4-26-1a.jpg
:
「ゲジゲジはどうしているかな?」とユユーがいうと、ガラス球の中にゲジゲジが映し出されました。ゲジゲジはお台所の引き出しから、ビスケットをないしょで取りだそうとしているところでした。
:
HY 4-26-2a.jpg
:
ゲジゲジは取り出した二つのビスケットの一方を、物置の隅の箱の中に隠しました。

「へーえ、あいつは、用心がいいな。食べ物が見つからないときの予備をこさえてるんだ。僕たちが見ていることを知ったらきっとびっくりするだろうな」

:
HY 4-26-3a.jpg
:
ゲジゲジは、何でもいなかったふりをして階段を下りようとし、足を踏み外し、どしんと落っこちてしまいました。せっかく手に持っていたビスケットが壊れてしまいました。

「おっちょこちょいなんだなあ、あいつ。知らないところで、結構へまやってるんだ」

:
posted by catoo-さん at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

迷作写真館 61

:
HY 4-25-1a.jpg
:
「どれでも一個15セント」といったってこんなにタマゴの大きさがちがうんじゃあ不公平。実はこの大きなタマゴ、恐竜の赤ちゃんが入っているかも、、、クワバラクワバラ、、、
:
posted by catoo-さん at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

迷作写真館 60

:
HY 4-24-4a.jpg
:
ひっくりかえったまま、起き上がれない「ダルマの兄弟」
:
posted by catoo-さん at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユユーとシャボン玉 16

:
HY 4-24-1a.jpg
:
マーちゃんが、それではガラス球で自分のお家が見てみたい、と王様にいうと、ガラス球にお母さんの姿が映りました。

マーちゃんのお母さんは、丁度お台所でクッキーを焼こうとしているところでした。

「早く、お家に帰ってクッキーをたべたいな、、、」

:
HY 4-24-2a.jpg
:
お母さんのそばで、五月ちゃんがお手伝いをしています。あらあら、お母さんの見ていないすきに、五月ちゃんはテーブルの上のレーズンをちょっぴりつまんで、食べてしまいました。

「ずるいな、お姉ちゃん。ぼくがつまむと、すごく怒るくせに」とマーちゃんはぷんぷんと憤慨(ふんがい)しました。

:
HY 4-24-3a.jpg
:
その次に、ガラス球に映ったのは、お昼ねの真っ最中のヘブン。ヘブンは「鼻ちょうちん」をだして気持ちよさそうに大イビキをして眠っているから、ユユーとマーちゃんは大笑いをしました。
:
posted by catoo-さん at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

迷作写真館 59

:
HY 4-23-4a.jpg
:
エヘン、エヘン。ここにさっそうとお出ましになったのは「しょうが」の紳士でござる。本物の「しょうが」に頭と帽子をつけたら、立派なな紳士が出来上がりました。
:
posted by catoo-さん at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユユーとシャボン玉 15

:
HHY 4-23-1a.jpg
:
「ところで、君は風小僧とお友達なんだろう?」と王様がききました。

「友達って訳じゃあないけど、、、どうして?」とユユーがいうと

「わが国民は、風を一番恐れておる。だってそうじゃろう、、、風が吹くたびに、我々シャボン玉は飛ばされてしまうし、壊れる危険がある。わかるかね?この宮殿もガラス張りになっているのは、風防止のためじゃ、、、風小僧にあったら、風を無暗に吹かすのは止めて欲しいと伝えてもらいたいのじゃ」


:
HY 4-23-2a.jpg
:
ユユーは、風邪小僧をみかけたら、そうしましょうと王様に約束しました。
「ところで、王様。ぼくの方から質問してもいいですか?」

「もちろんじゃよ。何でも聞くがいい」

「ではうかがいます。王様は、僕たちがシャボン玉で遊んでいることや、風小僧の話をどうして知っているのですか?」

「ハハハ、、、こりゃあ悪かった。君たちが不思議に思うのも無理は無いのう」

:
HY 4-23-3a.jpg
:
王様が両手でパンパンと合図をすると、そばに立っていた兵隊が、みんなの前に大きな丸いガラスの玉を運んできました。

「これじゃよ。これは魔法の万観鏡(まんがんきょう)じゃ。これで、誰が何をしているか覗(のぞ)くことが出来るんじゃよ」

:

posted by catoo-さん at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

迷作写真館 58

:
HY 4-21-5a.jpg
:
おまけ入りチョコレートの中からでてきた人形のコレクション。沢山集めると楽しい。
:

posted by catoo-さん at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユユーとシャボン玉 14

:
HY 4-22-1a.jpg
:
三人はシャボン玉の王様の前にやってきました。

「おうさま、お二人をお連れ申し上げました」と大臣が深々と頭を下げました。

「おう、ごくろうであったぞ」

:
HY 4-22-2a.jpg
:
「そこの、二人。わざわざおいでいただいてかたじけない。実は君たちにおたずねしたいことがあって、おいでいただいた。君たちはさきほど、直ぐに壊れないシャボン玉で遊んでおられたであろう。どうであろう。我が国の研究室で、壊れないシャボン玉の開発に協力していたがけないであろうか、、、」 と王様がいいました。
:

HY 4-22-3a.jpg
:
ユユーはしばらく考えました。そんなことになったら、シャボン玉の国にずっと住まなくてはならないし、みんなと遊べなくなるから、ゲジゲジやヘブンや五月ちゃんが反対するに決まっています。ここははっきりと断わってしまった方がいいようです。

「お手伝いしたいのは山々だけど、出来ません」とユユーが答えました。

「そうであろうのう、、、」

:
posted by catoo-さん at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

迷作写真館 57

:
HY 4-21-4a.jpg
:
置きものの顔。娘が学校で作った作品。とぼけた顔が面白い。
:
posted by catoo-さん at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユユーとシャボン玉 13

:
HY 4-21-1a.jpg
:
しばらく、ふわふわと天に昇っていくと、辺りが虹色になってきました。

「なんだか、ぱっと明るくなったみたいだねえ」とマーちゃんがいいました。

:
HY 4-21-2a.jpg
:
大きな丸い虹の門の前にやってきました。

「ここがシャボン玉の国の入り口ってわけだね」

「さよう」と大臣がうなづきました。
それから大臣は、付き添ってきたシャボン玉に「みなのもの、ご苦労であった。向こうの控え室に行ってゆっくり休むが良い」といいました。

:
HY 4-21-3a.jpg
:
王様の宮殿は天井も壁もみんな透き通ったガラスで出来ていて、床に真っ赤なジュウタンがしいてありました。

「王様がお待ちかねでござる。さ、さ、、、こちらに」

:
posted by catoo-さん at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

ユユーとシャボン玉 12

:
HY 4-20-1a.jpg
:
「シャボン玉の国の王様が、君たちにお目にかかりたいと申しておられる。で、、、わしがお迎えをもうせつかった」 と大臣が言いました。

「そんなこといったって、ぼくらは飛べないんだよ」とユユーがいうと、、、

:
HY 4-20-2a.jpg
:
大臣はポケットから小さな棒を取り出して、二人の頭を軽く叩(たた)きました。そうすると二人はシャボン玉のように体が軽くなって、フワリとちゅうに浮き上がりました。

「いかがでござるかな? では、ぼつぼつまいろう。皆のもの、お供をいたせ」

:
HY 4-20-3a.jpg
:
大臣がこういうと、周りに並んでいたシャボン玉たちが、前としんがりをつとめて、皆で王様の宮殿に向かいました。

「ユユー、シャボン玉の王様がいるなんて初めて聞いたね」とマーちゃんがささやきました。

:
posted by catoo-さん at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

ユユーとシャボン玉 11

:
HY 4-19-2a.jpg
:
今度は、マーちゃんがシャボン玉を吹きました。マーちゃんのシャボン玉は小さい玉ばかり。

「マーちゃん。もっと大きなシャボン玉こさえてごらんよ、、、」

:
HY 4-19-3a.jpg
:
その時、ふわふわ浮かんでいたシャボン玉が、あわてて、ピタリと真っ直ぐに並びました。上の方からエヘン、エヘンと咳払いをする声が聞こえたからです。

二人が驚いて咳払いをする方を見上げると、、、

:
HY 4-20-4a.jpg
:
おかしな格好をしたシャボン玉がふわふわと舞い降りてきました。

「あれれ、、、見たことも無い叔父さんがやってきた。叔父さんは一体誰だい・」とユユーが聞くと、

「叔父さんとは失礼でござる。わしはシャボン玉の国の大臣であるぞ」といばった声で男がこたえました。

:
posted by catoo-さん at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷作写真館 56

:
HY 4-19-1a.jpg
:
ミイラの棺についていたマスク。ツタンカーメンの黄金のマスクには及びませんが、贋作としては、なかなかの出来栄え。
:
posted by catoo-さん at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

迷作写真館 55

:
HY 4-18-2a.jpg
:
ファラオのミイラが出てくるかと、わくわくして棺を開いてみたら中身はこの通り。古代エジプトの棺というのは真っ赤な偽物、出てきたのはダンボール、新聞紙、綿ばかりでガックリしてしまいました。
:
posted by catoo-さん at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

迷作写真館 54

:
DHY 4-18-1a.jpg
:
裏の畑で、ネコがニャゴニャゴとさかんに土を掘っています。何が埋まっているかと、掘り出してみると、これが何と古代エジプトのミイラの棺 !! ああ、驚いた。こんなこともあるんだぁ、、、。学術的証拠が必要かと、写真に収めたのがこの一枚。
:
HY 4-18-2a.jpg
:
数千年の歳月を経て発見されたミイラの棺のアップ。
:
posted by catoo-さん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。