2011年02月06日

ゲジゲジとホウキ 6

:
ScanImage01.jpg
:
「じゃあ、ぼく、掃除機を借りていくからね」とマーちゃんはゲジゲジにいいました。
「いいよ、おれしばらく使わないから」

:
ScanImage02.jpg
:
お家に帰って、さっそくマーちゃんは掃除機をつかってみました。こっちの方がホウキよりも面白いように能率よくお掃除できます。
:
ScanImage03.jpg
:
しばらくやっていると、掃除機がウーウーという音を立てて、様子がおかしくなりました。
マーちゃんがあわててスイッチを切ろうとすると、、、

:
posted by catoo-さん at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

mマーチャントホウキ5

:
ScanImage02.jpg
:
ガアガアと音はするけれど、掃除機はちょっともホコリを吸い込みません。
ゲジゲジはポースを取り外して、管の中をのぞきこみました。

:
ScanImage03.jpg
:
管をふると、中からホコリがでてきました。

「おれって、しばらくこれつ使ってなかったからな」

:
ScanImage04.jpg
:
こんどは大丈夫です。掃除機はどんどんホコリを吸い込みます。

「こういう便利なものがあるんだから、いまどきホウキでお掃除するなんて古臭いんだぜ」

:
posted by catoo-さん at 08:12| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

マーちゃんとホウキ 4

:
a href="http://hallooyuyou-365.up.seesaa.net/image/ScanImage04-2016c.jpg" target="_blank">ScanImage04.jpg
:
ゲジゲジは吸い取りホースを探し出して、掃除機にくっつけました。

:
ScanImage06.jpg
:
それから、お家から電気の線を引っ張ってきて、掃除機につなぎました。
「さあ、これでよしと、、、」

「電気が無くちゃあ動かないのかい?」
「あったりまえだよ」

:
ScanImage05.jpg
:
スイッチを入れて、げじげじが掃除機を試してみました。ガアガアと音だけはすごいけれど、掃除機はほこり一つ吸い込もうとしません。

「ほんとうに、こんなものでお掃除できるのかい?」

:
posted by catoo-さん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

マーちゃんとホウキ 3

:
ScanImage05.jpg
:
「掃除機ってどこにあるんだい」

「しばらく使ってないから、探さなくちゃあならないんだ」

:
ScanImage06.jpg
:
ゲジゲジは箱の中から、掃除機を引っ張り出しました。
「どうもおかしいとおもったら、吸い込みのホースがないなあ」

:
ScanImage07.jpg
:
ゲジゲジはまた、箱の中をひっくり返して吸い込みのホースを探しました。
「ホースが無くちゃあ駄目なのかい?」
「そうよ。ホースが無くちゃあ掃除機はゴミを吸い込まないんだ」

:
posted by catoo-さん at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

マーちゃんとホウキ 2

:
ScanImage01.jpg
:
マーちゃんがお掃除をしていると「ワー、すごい埃じゃあないか」といってゲジゲジがやってきました。
:
ScanImage02.jpg
:
「掃除っていうのはだな。最近はホウキなんか使わないんだぜ」
「ホウキを使わなかったら、どうするのさ?」
「掃除機ってものがちゃんとあるんだ」

:
ScanImage03.jpg
:
「おれに付いてこい。おれの掃除機をかしてやらあ」

マーちゃんはゲジゲジの後をついていきました。

:
posted by catoo-さん at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

マーちゃんとホウキ 1

:
ScanImage01.jpg
:
マーちゃんがボール遊びをしていると、お姉ちゃんの五月ちゃんがやってきました。

「忙しいから遊んでないでからてつだってよ」

:
ScanImage02.jpg
:
五月ちゃんはホウキを持ってきて、マーちゃんにわたしました。

「ちょっと、このあたりをはいてちょうだい」

:
ScanImage03.jpg
:
マーちゃんはお掃除を始めました。マーちゃんが乱暴に床をはくと、埃が舞い上がりました。「あれあれ、こんなに埃っぽいんだ」
:
posted by catoo-さん at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

ゲジゲジとお化けの城 26

:
ScanImage01.jpg
:
ドカンという音をききつけて、ヘブンがとんでやってきました。ヘブンは大きな壷が半分に割れて、その中にゲジゲジが気絶しているのをみつけました。

「おいおい、一体どうしたって言うんだい?」

:
ScanImage02.jpg
:
ヘブンはゲジゲジを引っ張り出して、ゲジゲジのほっぺたをパンパンとたたきました。
「起きろよ、起きろよ」

そこの、何事かとユユーがやってきました。

:
ScanImage03.jpg
:
ゲジゲジはやっと眼を覚ましました。
「あれれ、、、おまえら何してんだい?」とゲジゲジは二人をながめていいました。

「何してんじゃあないよ。お前が気絶してひっくりかえっていたから、心配して助けたんじゃあないか」

「気絶してたんだって?おおれがかい?」

:

posted by catoo-さん at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

迷作写真館 88

:
DSCF6733.JPG
:
:
DSCF6735.JPG
:
彼と彼女
:
posted by catoo-さん at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

ゲジゲジとお化けの城 25

:
ScanImage01.jpg
:
「ハッツハッは、、、お前はお化けが怖くなってこそこそとここから逃げ出そうというのだな。お化けを恐れるうちは家に帰さんぞ」と耳を裂くような大きな声がしました。

「そうじゃあないぞ。おれはお化けの国が気に入ったんだ」

:
ScanImage02.jpg
:
「おれがずっとここにいるってことを、友達にいっとかなくちゃあならないんで帰るのだ。この土産を友達に渡すためだ」とゲジゲジがサルの骸骨を高く差し上げて答えました。

「わしの負けじゃあ、、、」とまた大声がしました。それと同時に、ゲジゲジはバーンと雷に打たれました。

:
ScanImage03.jpg
:
ゲジゲジは雷のシヨックで、そのまま気を失ってしまいました。
:
posted by catoo-さん at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

ゲジゲジとお化けの城 24

:
ScanImage01.jpg
:
しばらく行くと黒い雲が出て嵐になりました。雷がごろごろとどろきました。
:

ScanImage02.jpg
:
「このまま、飛び続けると危険です。ひとまづ下に降りて、嵐が過ぎるのを待ちましょう」と怪獣が言いました。風はおさまるどころか、逆にますますひどくなりました。
:
ScanImage03.jpg
:
そのとき、空から大きな声が聞こえました。

「おまえをこのまま帰すわけにいかん。お前はわしの質問に答えなくて、ごうかくしなければならん」

:
posted by catoo-さん at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。